es-min.js">

鍋島焼

鍋島焼

鍋島焼(なべしまやき)は、17世紀から19世紀にかけて、佐賀藩(鍋島藩)で藩直営の窯で製造された高級磁器です。佐賀藩の支配下にあった肥前国の有田・伊万里は日本を代表する産地ですが、その中で大川内山(おおかわちやま)にあった藩直営の窯では藩主の所用品や将軍家や諸大名への贈答品という高級品ばかりを焼造していました。

この高級贈答品を「鍋島焼」と呼んでいます。鍋島焼の伝統は明治4年(1871年)の廃藩置県でいったん途絶えてしまいましたが、技法は今泉今右衛門家によって近代工芸として復興されて、21世紀に至っています。

鍋島焼の始まり

佐賀藩の藩窯製品としての「鍋島焼」が作り始められた正確な時期や事情については、藩の公式の記録が残っていないので明確なことはいえません。伝承によると鍋島焼は1628年(寛永5年)に有田の岩谷川内(いわやがわち)で創始されたとされています。

1661年頃(寛文初年)に有田の南川原(なんがわら)に窯を移して、さらに1675年(延宝3年)には有田と伊万里の中間の山中にある大川内山(おおかわちやま)に移ったといわれています。

東京日々新聞の記者だった大宅経三が、大正時代に佐賀藩の御道具山役(藩窯の主任)の地位だった副田(そえだ)家の過去帳を調べました。その調査結果を大正10年(1921年)『肥前陶窯の新研究』に発表しています。この書によると、鍋島焼は素性不明の浪人・高原五郎七(五郎八とも)が有田の岩谷川内で青磁を焼造して、佐賀藩の御用を務めたのが起源としています。この五郎七は、秀吉の家来とも朝鮮から渡来の工人ともいわれていて伝説上の人物でもありますが、佐賀藩のキリシタン取締りを避けて出奔してしまったと伝えています。その後、1628年(寛永5年)に五郎七の教えを受けた副田喜左衛門日清という人物が御道具山役となって、手明鑓(てあきやり)という武士待遇の身分で佐賀藩に仕えたとされています。

平成22年(2010年)にサントリー美術館で開催された「誇り高きデザイン 鍋島」という展覧会の図録では、岩谷川内の鍋島藩窯の創始を1640年代末頃としていて、寛文年間(1660年代)に大川内山に移転したとしています。この図録の説では藩窯自体は岩谷川内から南川原を経ずに直接大川内山へ移ったとしていて、南川原では一部の製品が作られていましたが、後に佐賀藩窯に合流したものとみなしています。

藩窯が岩谷川内にあった時代の製品としては、木瓜形(もっこうがた)、葉形、州浜形などの小型の色絵皿が残っていますが、今日「鍋島」と称されている独特の様式をもった磁器のほとんどが大川内山窯の製品と見なされている。

昭和27年(1952年)以降に行われた大川内山窯跡の発掘調査の結果では、出土した磁器片と伝世品の磁器とは一致するものが多くあったことから、鍋島の産地が大川内山であったことは学問的にも確認されています。ただし、鍋島には製作年を明記した作品が少ないので(江戸時代末期には若干の製作年銘入り製品も)、同じ文様を長期間使うことが多くあるため、年代による作風の変化を追うことは困難になっています。

鍋島光茂の指示書

鍋島焼の歴史を語るときに、よく引き合いに出される史料として、鍋島宗家に伝来した『有田皿山代官江相渡手頭写』(ありたさらやまだいかんへあいわたしてがしらうつし)という文書があります。

これは1693年(元禄6年)に、2代藩主の鍋島光茂が皿山代官に与えた手頭つまり指示書です。現存する文書はその写しになっていますが、鍋島焼き関わる数少ない公的史料として重視されています。この『手頭』は近年皿山(藩窯)の活動が低調であるとしていて、厳しい注文をつけているので、佐賀藩の皿山に対する高い関心が伺われます。

指示書

  • 近年、皿山の製品が「毎年同じものにて珍しからず候」となっているのは、作風がマンネリ化しているので「当世に逢い候やう」はもっと現代風の製品を作るように求めていることがわかります。
  • 最近、製品の納期が遅れていることを指摘しているのは「間に合はず緩かせのやうに相成る儀」、つまり納期が遅れないように戒めています。
  • 「脇山の諸細工人大河内本細工所へみだりに出入致さざる様」これは、伊万里焼の他の窯の職人たちが大川内の藩窯にみだりに立ち入らないように求めていることです。
  • 他の窯の製品でも斬新なデザインのものがあれば、これを取り入れるようにとの指示もあります。
  • 献上用の製品の余りものや、不出来の製品は、藩庁の年寄や進物役と相談した上で、割り捨てるように指示しています。

指示書には、佐賀藩として藩窯の製品の質を常に高く保ち、不良品を世に出さないことを方針としています。そして技術の漏洩を防ぐためいn、藩内には他窯の職人といってもみだりに藩窯に出入りすることを禁じていたことが分かります。

素敵食器特集