es-min.js">

ウエッジウッド

ウエッジウッドと聞くと、水色のような青い色がそのもののベースになっていて、白い模様が浮き出てる形の洋食器は定番中の定番商品です。素材となるそのものに色素が含まれているので、素焼き状の感触と風合いが独特の洋食器です。ウエッジウッドは、ロイヤルドルトン社と並ぶ世界最大級の陶磁器メーカーです。もちろんメインは高級食器ですが、そのほかにも紳士用カフスやタイピン・女性用ネックレスといったアクセサリーやテーブルクロスにタオルなども取り扱っています。

ウエッジウッド創業

17世紀までのイングランドでの陶業は、ロンドン・ブリストルで生産される「デルフト陶器」がメインに作られていました。

18世紀に入ると上質陶器やストーンウェアといったものがデルフト陶器から変わっていきました。これらの製造には良質の粘土が必要になっているので、イングランド中部のスタフォードシャー州では良質の粘土や石炭を産出することもあって、陶業がひとつの産業として急激に発展していきました。

ウエッジウッドの始まりは、ジョサイア・ウェッジウッドからです。ジョサイア・ウエッジウッドは1730年(享保15年:江戸時代)に、陶工の息子としてチャーチヤード工場を経営していた陶工トーマスと、メアリーとの13番目の末っ子としてイギリスのスタッフォードシャーに誕生しました。

ジョシュア・ウエッジウッドが9歳の時に父親を亡くしました。一番上の兄が受け継いだ工房で修行することになりました。ジョサイア・ウエッジウッドはまだ若年の頃から製陶技術に化学そして図版といった知識を評価されていました。

1754年にはその当時のイングランドでは最も偉大と称されている陶工の、フェントンのマスターポッターだったトーマス・ウィルドンとの共同経営に入ります。それから数回の共同経営を経た後、1759年にバーズレムにある工場を叔父から引継ぐことになり、そこで独立して開業しました。そのときには、管理者として従兄弟のトーマスを雇用しています。

「これまでの陶芸を一歩進めて、芸術の域まで洗練させたい。」ということを夢見たジョサイア・ウエッジウッドは、研究と実験を重ねていきます。そしてアビー・ハウス工場で開発した緑色の釉薬を用いた陶器は好評を博すことになりました。そして3年後の1762年にアビー・ハウス工場から移転して同じバーズレムにあるブリック・ハウス工場に移転しました。この工場でウエッジウッドの代表作になるエナメルを用いたクリーム色の陶器「クリームウェア」を完成させることにジョサイアは成功しました。この頃は白い器を作ることが大変難しいとされていて、「クリームウエア」は画期的な乳白色でした。この優雅な「クリームウェア」はジョージ3世の妻シャーロット王妃も魅了されました。1765年に【クイーンズウェア(女王の陶器、Queen's Ware)】という名称の使用が許可されることになり、翌年1766年にはシャーロット王妃から【Potter to Her Majesty(女王陛下の陶工)】を拝命することになりました。

女王陛下の陶工を拝命してからも、満足することはなく更に研究に実験を重ね1768年には「ブラックパサルト」を完成させます。「ブラックパサルト」は深みのあ光沢を放つ陶器です。「ブラックパサルト」は当時、スタフォードシャー州で作られていた黒色陶器を改良したもので、今でもウエッジウッド社の主力商品のひとつでもあります。

1769年には共同経営者にリバプールの商人トーマス・ベントレーを迎え入れます。商人としてのトーマスの人脈もありさらに会社は発展を続けることになりました。た。【クイーンズウェア】女王の陶器は、ヨーロッパだけではなくアメリカ大陸にも出荷されることになりました。さらにロシアのエカチェリーナ2世から注文を1774年に受けています。この注文は944点の「フロッグ・サービス」と呼ばれる陶磁器セットの注文でした。

エカチェリーナ2世から陶磁器セットの注文を受けた同年には、ジョサイア・ウエッジウッド最大の偉業とも呼ばれるオリジナル素地「ジャスパー」を発明しました。ジャスパーの特徴はマットな質感に上品な色合い。そしてこの時代に流行していた新古典主義がデザインされた装飾が施されていて、この「ジャスパー」の発表からまもなく世界中で大人気となったシリーズです。

ウエッジウッド社沿革

  • 1759年・・・ジョサイア・ウェッジウッドによってイギリス、スタフォードシャー州・バーズレムで創業。
  • 1762年・・・ブリック・ハウス工場に移転。
  • 1765年・・・「クイーンズウェア」の名称使用を許可されます。
  • 1769年・・・エトルリア工場の操業開始。
  • 1878年・・・「ポートランドの壺」をウェッジウッド社の商標に入れる。
  • 1895年・・・ジョサイア・ウェッジウッド・アンド・サンズとして会社を法人化しました。
  • 1940年・・・バーラストンへ工場を移転。
  • 1967年・・・ウェッジウッド家以外の初めてとなる社長が誕生しました。
  • 1986年・・・ウォーターフォード・クリスタル社と合併します。合併によって「ウォーターフォード・ウェッジウッド」となります。
  • 2009年・・・経営破綻となりました。同年3月に、KPS キャピタルパートナーズ社が親会社となって再建中。